東大和市体育協会ニュース

平成29年度東大和市体育協会評議員会及び
特定非営利活動法人東大和市体育協会設立総会を開催しました


特定非営利活動法人東大和市
体育協会設立総会会長挨拶

2017.5.14
H29年度評議員会次第

体育功労者表彰

特定非営利活動法人東大和市
体育協会設立総会来賓の皆様

中間副議長ご祝辞

尾崎市長ご祝辞


小山議長就任あいさつ

真如教育長ご祝辞


貴島総務部会長による議案の説明

設立総会次第


来賓、役員、表彰受賞者の皆さんと記念撮影

正会員の皆さんの挙手


懇親会の東口議員の乾杯の挨拶

懇親会の芳賀会長挨拶


来賓の方と出席者の皆さん

平成29年5月14日(日)14時30分から行われました平成29年度東大和市体育協会の評議員会は、東大和市体育協会として最後の評議員会となり、ボウリング連盟の関田 勇評議員の議長により、議事をすすけていただきました。議案はH28年度事業報告と収支決算報告、同会計監査報告、既存の財産を特定非営利活動法人東大和市体育協会に譲渡し、既存組織を解散する、の3議案に絞られ滞りなく終了し、この後で行われた特定非営利活動法人東大和市体育協会設立総会に引き継がれました。設立総会には、行政側から尾崎保夫東大和市長、同市議会から中間建二副議長、東口正美厚生文教委員長、同和地仁美副委員長、東大和市教育委員会から真如昌美教育長、岩田圭子教育委員、藤宮志津子教育委員、新藤久典教育委員と笠松文子スポーツ推進委員協議会会長、教育委員会社会教育部から小俣 学社会教育部長、佐伯芳幸社会教育課長の計11名のご来賓の皆様方のご出席を賜り正会員出席者14名、委任状3名合計17名による議決数のもと開催されました。会長挨拶の後、体育功労者8名、優良団体2団体、永年勤続6名の表彰式を行い、尾﨑市長から賞状、芳賀文治会長から賞品の盾が贈られました。

この後、ご来賓の尾崎市長、続いて中間建二副議長、真如昌美教育委員長からご祝辞をいただきました。

議事は、軟式野球協会小山 正氏を議長に選出、議事録署名人に吉川五郎、藤原義人の両人を選出し、特定非営利活動法人設立に必要な第1号議案設立趣旨書、第2号議案定款、第3号議案当初役員、第4号議案当初資産、第5号議案事業計画及び予算、第6号議案入会金及び会費、第7号議案確認書の確認、第8号議案設立認証申請が上程され、貴島総務部会長による説明で提案通り全会一致で可決承認されました。議事終了後芳賀文治会長による法人化承認いただいたことに対して感謝の挨拶と、今後に向けて更なる努力をしていく旨の挨拶がありました。終了後、ご来賓の皆様と受賞者、役員全員で記念写真を撮り、設立総会を終了しました。

この後、出席者の皆さん40余名の参加により、懇親会を開催しました。芳賀会長挨拶に続いて、東口正美厚生文教委員長の乾杯のご挨拶で和やかに始まりました。尾崎市長はじめ、ご来賓の皆様方もお残り頂き、各テーブルでは懇親の輪が広がり、普段お話の機会がない団体の皆さん方とも賑やかに会話が弾んでいたようです。19時30分頃に軟式野球協会小山会長の中締めの挨拶でお開きとなりました。

H29年度は非営利活動法人でスタートしました。会長から、来年は東大和市が幹事市となって第51回東京都市町村総合体育大会を幹事市として主管するなど当面の課題が迫ってきています。行政の力をいただき、体協が一丸となって頑張っていくことが求められます。シニアスポーツ振興事業、ジュニア育成地域推進事業も年々取り組みが広まってきています。各団体長始め、会員各位の絶大なるご協力をお願いいたします。参加者の皆様方ありがとうございました。(文責 山本)

戻る

東大和市体育協会
〒207-0022 東京都東大和市桜が丘2-167-13東大和市民体育館内